Apple社の株が一気に4分の1に減った理由は株式分割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Apple社の先週末の株価です。499ドル。

1日経ったら、なんと125ドルに。

株価が下がった理由は、株式分割です。

1:4で株式分割を行ったため、見た目の株価が下がりました。

時価総額は変わりませんし、株の保有者は1株当たり3株増えて4株になりますので、投資家への影響はありません。

ただ株価が下がったので取得しやすくなったので、株の売買が活発に行われるでしょう。

見た目のチャートに注意

株式分割が起きると、チャートもそれに合わせて下がります。

分割前

 

 

分割後

チャートが下がるのではなく、現在の株価が124.04ドルに合わせて、

1:4に圧縮されます。

よって、パッと見ただけでは、Apple社株が過去に499ドルになったことが分かりません。

あたかも120ドル当たりにいるように見えます。

株価上昇も1/4

株価上昇も、先週までに比べて1/4の上昇幅しかありません。

割合にすれば、株式分割前も株式分割後も上昇割合は変わりません。

上昇額は、1/4になります。

既存の株主は、4倍になった株数を持っているので、トータルの損益は変わりません。

米国株は株式分割が頻繁に行われている

私の感覚ですが、米国株は日本の株に比べて株式分割が頻繁に行われているように思います。

個人投資家にも買いやすくするために分割をして株価を下げていたり、このタイミングでNYダウ銘柄に採用されるなど複数の要因があります。

このような株式分割を知っておかないと、株価を横並び比較して「この銘柄は高い」「この銘柄は安い」という議論はナンセンスであることが多いので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket