オプション投資家養成塾

ポジティブガンマのデルタヘッジは利食いを細かく行う戦略

あなたはオプション取引のガンマが損益に与える影響の式をご存知でしょうか?

ガンマとは、日経平均の値動きとデルタとの相関性を示し、直接ガンマからオプション損益を計算できる、オプション自体が持っているパラメータのことです。

日経平均と連動するデルタは、日経平均が上昇したらプレミアムがプラスになり、日経平均が下落したらプレミアムも下がる(マイナス方向へ損が出る)性質がありますが、ガンマは変動の量を(大きく動くか動かないか)をポジションに反映させますので、上下動の方向性を考慮する必要はありません。

なぜなら、ガンマは、

  • ガンマの影響は、1/2×ガンマ×(原資産変動)^2 (=二乗の2分の1に比例する)

この「二乗」という計算により、原資産の正負の値が問題にはならないからです。

続きを読む

ロングストラドルを仕掛けるための2つのタイミングとは

ロングストラドル(アットザマネーのプット買い+アットザマネーのコール買い)を組んだあとに相場が緩やかに上昇すると、インプライドボラティリティ(IV)が低下しやすい傾向にあります。

そのような場面だと、デルタ調整のために先物ミニを売ってダイナミックヘッジしても、IVの低下によるベガの損失のほうが大きく、利益が出にくいこともあります。

IVがかなり下げてきたところで仕掛けたつもりでも、相場上昇時にはIV低下を伴ったために思ったよりもIVが低下していく場合があるからです。

この場合は、いったんポジションを解消した方がよいのか、IVの下げ止まりを信じてダイナミックヘッジした方がよいのか、あなたならどう考えますか?

続きを読む

デビットスプレッドは2つのポジションを瞬時に組むことがポイント

2020年7月SQに向けて、P22500買い1枚(@680)とP22000売り1枚(@400)の下落目線のプットデビッドスプレッドを6/26に建てたとします。

21000台まで下がれば+22万円の利益になるのですが、結局SQ値が22500を越えそうになったので、SQ前日の7/9(木)の取引終了間際に反対売買して決済したとします。

この今回の建玉はどうすれば損失を少なくできたかを3つの視点から分析しました。 続きを読む

日経225オプション取引に使う証券会社を選ぶ9つの基準

man in blue dress shirt sitting on rolling chair inside room with monitors

現在は、大手オンライン証券だけではなく、中堅やこれまで先物を扱っていた証券会社が日経225オプション取引をできるように市場が拡大してきています。

ですが取引できる証券会社が乱立すると、どの証券会社が良いか初心者は悩んでしまうかもしれません。

お勧め証券会社は発言しませんが、この記事を読むことでどのような視点で証券会社を選ぶのが良いか学べます。

続きを読む

リバースカレンダースプレッドの期近銘柄を組む時期とは

white markee light

日経225オプションのリバースカレンダーは、通常直近限月と第2限月で構成するスプレッドですが、リバースカレンダースプレッドを仕掛ける時の期近の残存日数の限界は何日ぐらいを考えていますか?

期先の流動性も考慮すると、カレンダースプレッドの組成は第3週~第4週で、閉じるのは翌月第1週中頃です。

その根拠について説明しますので、あなたが次にリバースカレンダースプレッドを組む時に参考にしてください。

続きを読む

ロングストラドルやリバースカレンダースプレッドを組む際の課題とは

Caution Watch Your Step Sign  - rfind / Pixabay

あなたは、相場の急騰や急落中の相場に対して、逆張り的に急な反転を想定したことはありますか?

急な反転を期待して、ロングストラドルでエントリーしたり、リバースカレンダースプレッドでエントリーしたことがあるかもしれません。

この記事では、急な反転を予想したときのロングストラドルとリバースカレンダースプレッドの課題点を学ぶことが出来ます。

続きを読む

種類が豊富なオプション取引戦略を選定していく5つの視点とは

Question Questions Man Head  - jambulboy / Pixabay

オプションはいろいろな戦略があり、特に初心者の方はどの戦略を使えばいいのか、どの戦略に優位性があるのか悩む方が多いです。

どれか一つに絞って習熟したほうが良いのは分かっていても、どれを選定していいかが決められない方もいるのではないでしょうか。

ここではオプション投資家養成塾の中で質問があった内容から、どうやって戦略を選定していくかの視点を解説します。

その視点とは、

①損失限定
②損失が出た場合に次も入る気になる損失額(リスク許容度によるがおおむねリスクにさらす資産の2~5%以内)
③流動性があること(約定させやすい)
④ポジションの数が多すぎないこと
⑤瞬発力を必要とするものではないこと(例えば、瞬間的な価格の歪みを利益に変える等は困難です)

の5つです。

この視点さえ学べば、オプション戦略をどれにしたらいいか、扱い方が分かってくるのではないかと思います。

続きを読む

ポジティブガンマのポジション組み換えのタイミングはリスクバランス

もし、プットオプションを買って先物を買うポジティブガンマポジションで、プットオプションがディープインザマネーになるまでダイナミックヘッジをし続けたとします。

まだいけると思っている場合は、一旦手仕舞って新たにポジションを作り直した方が良いのか、それとも同じポジションで続行した方が良いのか、どうやって判断すればいいでしょうか。

その答えは、投資家のリスク許容度によります。

そして、もし仕切りなおすなら、そのタイミングはいつ頃が良いと思いますか?

大きく分類すると買いオプション(ポジティブガンマ)を日経225ミニでデルタを0にした後、

  1. 大きく動くことに賭け、小さな変動ではデルタヘッジをあまりしない戦略
  2. デルタがずれるたびにダイナミックにデルタヘッジをする場合

の2つに分かれます。つまり答えは今後の戦略次第にによるということです。

この記事ではポジティブガンマでデルタを0にした後のポジション組み換えタイミングについてお伝えします。

続きを読む

証拠金とは最大損失額をあらかじめ担保しておくためのルール

オプション取引は証拠金取引なので、証拠金の考えは覚えておく必要があります。

買いポジションは証拠金が足りなくなる恐れはありませんが、売りポジションの場合は証拠金が足りなくなると追証が発生して決済されられる可能性があります。

必要証拠金とは、そのポジションが持つ最大損失額を計算して、このくらい用意しておけば計算上一発退場しないだろうという目安の資金を、証券会社が拘束するルールです。

よって、損失限定のクレジットスプレッドなどは、売りポジションが含まれていますが証拠金は一定額以上は増えません。

なぜなら損失限定だから、その最大損失額以上は要求されないからです。

この記事では必要証拠金の簡単なルールを解説します。

続きを読む

流動性が高まってきて取引がしやすくなってきたweeklyオプション

あなたはweeklyオプションは流動性が乏しくて全然約定できない、と思っていませんか?

今日のザラ場中の板がこちら。

日経平均株価が22169円で引けた直後のP21750の板の様子です。32円売り気配、30円買い気配です。

昔を知っているオプショントレーダーからすれば、非常に流動性が高まっていると感じませんか?

去年大阪で行った北浜投資塾特別対面セミナーでは、プット買い戦略でweeklyオプションを使うメリットは買い玉の単価が安くなる点を挙げました。

安く仕込めることについてはJPXでも公式に取り上げています。

今回の記事では、安く仕込める以外のメリットについてお伝えします。

続きを読む