カバードコール

カバードコールがApple社の決算発表後でも通用する理由とは

red apple fruit

先日アメリカのiphoneで有名なapple社が決算発表を行い、5G対応のiphoneについて少し言及がありましたね。

例年は9月に新モデルを発売するところが、今回は1か月先の10月になりそうだという発言がありました。

市場は決算発表にたいして好感しているようで、株価は上昇しました。

384ドル(決算前の引け値)から411ドル(決算後市場オープンの始値)と上昇したので、決算によって株価が約7%上昇しました。

その後の株価は現在438ドルまでさらに上昇しています。

続きを読む

カバードコールがオプションの初級者向け戦略と言える理由とは

あなたがもしこれからオプションを学ぶのであれば、最初に「カバードコール」を学ぶのが良いでしょう。

「カバードコール」とは、現物株を保有して、その現物株のコールオプションを売る戦略のことです。

オプション売りというと難易度が高い戦略だと思われがちですが、全くそのようなことはありません。

実際に米国の証券会社では、カバードコールが最もリスクの低い、低難易度の戦略として紹介されています。

続きを読む

オプション取引をスタートする際の悩みを解決するカバードコール

man on running field

オプショントレード普及協会のメルマガを購読している方には、まだオプション取引を始めていない方もいます。

そこで、何がネックになってまだ取引していないのかを無記名アンケートでヒアリングしました。

第1位は「どの戦略から組み始めたらいいか分からない」です。

確かにオプション取引は戦略が多岐にわたり、選べるオプションもかなり多いので迷ってしまうでしょう。

今回はアンケート結果の集約と、フリーコメントペースに寄せられたコメントについて整理しました。

無記名形式なので個別に回答することはできませんので、コメントを寄せていただいた方がこの記事を読んでいただけることを願いします。

続きを読む

カバードコールを実践するのに向いている米国株オプション

man riding bike and woman running holding flag of USA

オプション取引の中で日本の個人投資家が取引できるのは、日経225オプションと「かぶオプ」こと個別株オプションです。

2つ並べるとリスクや使い方は大して変わらないように思えますが、使い方が全く異なるのできちんと棲み分けができます。

許容リスクが少ないのに日経225オプションをやるのはリスクが高いし、かといって「かぶオプ」で少ない資金を2倍に増やそうとしても無理があります。

使い方がどう異なるのか。日本ではまだ流動性が無い「かぶオプ」の代わりに、サイズ感が同じ米国株オプションを比較に上げました。

この記事では日経225オプションと米国株オプションの違いについて触れていきます。

続きを読む

オプション売りなのにリスクが増えないカバードコール戦略とは

あなたは、オプション取引は全ての戦略においてギリシャ文字による綿密なリスク管理を必要とすると思っていませんか?

特に売りポジションは、初心者は絶対やってはいけない投資行為だと思い込んでいませんでしょうか。

実は途中の値動きをチェックせずにオプションの満期まで保有し続けても、株価の下落以外に全くリスクが増えないオプション売りの方法があります。

それは現物株を保有してコールを売る、カバードコールと呼ばれています。

カバードコールは売り戦略なのに、単純なオプション買い戦略より難易度レベルが低い取引で、初心者が手掛けるのにとても適しています。

しかも満期まで途中の値動きを気にする必要が無いので、ギリシャ文字による管理さえ不要です。

株オプションなら満期まで保有すること前提なので、株価が値上がりしても、横ばいでも、値下がりしてもどうすればいいかあらかじめわかっているから安全性が高いのです。

この記事を読むことで、初心者でも安全にオプションを売るカバードコール戦略が分かります。

続きを読む

カバードコールがオプション取引の中で最もレベルが低い戦略

Success Gradual Career Person  - geralt / Pixabay

あなたはオプション取引の戦略の中で最もレベルが低いのはどの戦略か知っていますか?

それは、現物株を保有してコールを売る、カバードコール戦略です。

一番レベルが低いのは、コール買いでもプット買いでもありません。

カバードコールはコールを売る、つまりは危険に思われがちなオプション売りなので、とてもリスクが高いと感じるかもしれませんが、現物株を保有してコールを売る分には、現物株のリスク以外にリスクは増えません。

この記事ではカバードコールがなぜ危険ではないのか説明します。

続きを読む