デビットスプレッド

テスラ株急落時に600ドルの利益を上げたプットデビット戦略

テスラ株が8月17日に急落しました。CEOの発言により市場に動揺が広がったと言われます。

これから下落すると思うので株を空売りして利益を得たいと考えた時にあなたはどうしますか?

短期的にはカラ売りして利益を上げられそうだけど、世界的な電気自動車の人気の高まりから一転して上昇したらカラ売りは大きな損失を被る危険性もあります。

このような時に有効な戦略がオプションを使ったプットデビットスプレッド戦略です。

プットデビット戦略を使えば、カラ売りと同じように相場の下落で利益を上げることができて、しかも損失は限定なので相場が反転しても損失は一定額で収まります。

下記の図は私の実際の取引事例です。

合計で610.12ドルの利益を上げることができました。

期間は8月17日から8月30日までの約13日間で、およそ986ドルの資金を使って610ドルの利益をあげたので非常に資金効率の良い取引を実現できました。

今回の記事では私がどのようなオペレーションをしたのか解説します。

続きを読む

デビットスプレッドに維持証拠金が掛かる理由を分析する方法

あなたはデビットスプレッドの証拠金シミュレーションをしたときに、証拠金不要のデビットスプレッドのはずが、証拠金が必要と算出されて「ドキッ」としたことはありませんか?

9/2(日)の18時ころにSBI証券のSPANシミュレータでデビットスプレッドの証拠金計算をしてみたところ、29,900円を要求されてしまいました。

デビットスプレッドに証拠金は不要です。

よって、損失限定のデビットスプレッド戦略を建てて29,900円を証拠金として要求されることはありません。

では、なぜ証拠金シミュレーターでは証拠金を要求されてしまうのか、シミュレーターを使う際の注意点をお伝えします。

シミュレーターのクセを知っておくことで、正しい証拠金を把握することができるので、ポジションを建てるのに不安が無くなりますよ。

続きを読む

デビットスプレッドで資金を1/3に抑える発注順番とは?

デビットスプレッド戦略を組もうと思った場合に、ポジションを作る順番には注意を払ったことがありますか?

【A】

  1. 先)売りポジション
  2. 後)買いポジション

と注文をするのと

【B】

  1. 先)買いポジション
  2. 後)売りポジション

 

この2つの建て方は、どっちを採用しても全く同じだと思って気にせず注文をしていませんか?

出来上がりのポジションは一緒であっても、デビットスプレッドは、買いポジションを先に建ててから、売りポジションを建てる。

これが鉄則です。

なぜなら、買いから始めたほうが1/3以下の資金でデビットスプレッドを組めるからです。

【A】売りから先に建てると、売りポジションの証拠金を満額要求されますので、オペレーション中に必要委託証拠金が639,900円かかります。

 

ところが、【B】のように買いオプションを先に建ててから売りポジションを建てるオペレーション中に、証拠金は増えることがありませんので、最初にコールを買ったオプション料の18万円だけで済みます。

このように、【A】売りからデビットスプレッドを組むよりも【B】買いからデビットスプレッドを組んだほうが、必要な資金を1/3以下に抑えられます。

よって、デビットスプレッドをできるだけ小資金で建てたいなら、買いポジションから建てるべきです。

この記事では、なぜ買いポジションの方を先に建てると資金が少なくて済むのか解説します。

あなたもこの記事を読んでデビットスプレッドの建て方をマスターし、小資金でデビットスプレッドを建てられるようになりましょう!

続きを読む

デビットスプレッドが証拠金不要で組める理由とは

デビットスプレッドはオプションの買いポジションと売りポジションの組み合わせです。

あなたは、オプション売りを保有していると、たとえデビットスプレッドのような組み合わせポジションだとしても証拠金がかかると思っていませんか?

売りポジションは必ず証拠金がかかる、という考えは誤りです。

デビットスプレッドは、オプションの売りを保有していても証拠金が増えることはなく、証拠金所要額は0円です。

理由は損失が限定されているからです。

証拠金所要額が0円だから、証券会社独自の掛け目によらずにデビットスプレッドを組むのに必要な資金だけ用意すれば取引を行うことができます。

楽天証券のツールで証拠金所要額を調べると、8月24日に日経平均先物価格が22590円のとき、C22265を1枚買ってC22750を1枚売るデビットスプレッドは、「取引証拠金所要額」を見て分かるように証拠金所要額が0円です。

(引用:楽天証券の楽天マーケットスピード)

このようにデビットスプレッド取引には証拠金が掛かりません。

あなたもこの記事を読んで、なぜ損失限定のデビットスプレッドならオプション売りでも証拠金所要額が0円で取引できるのかを学んでください。

続きを読む

プットデビットスプレッドが暴落後の2番底狙いに適している理由

あなたがもし下落相場に遭遇したあとに、今後起こるであろう2番底を利益に狙いたいと思った時には、プットを買うよりも、オプションを組み合わせたプットデビットスプレッドにしたほうが勝ちやすい事をご存知ですか?

なぜデビットスプレッドにするとプット買い戦略よりも勝ちやすいのか解説します。

続きを読む

デビットスプレッドでトレンドに乗り遅れても39万円稼いだ事例

今年の10月は衆議院解散と世界同時株高が重なって日経平均が16連騰を記録しました。

そこで今後の日経平均の動向が気になるところですが、あなたは今から1ヵ月後に、再び日経平均が上昇を続けて今から1,000円も上昇すると思いますか?

もし上昇トレンドの最中だとしても、「さすがに1ヶ月以内に1,000円も上昇しないだろう」と考えられた時に、その1,000円を超えた分の利益を放棄するだけで、有利な取引を出来る投資手法をご存知でしょうか?

それがデビットスプレッドです。

デビットスプレッドとは、オプション取引手法の一つで、買いポジションと売りポジションを組み合わせることで、単純なオプション買いよりも低コストを実現し、相場の方向性を狙い利益を得るポジションを取ることができます。

この際にコストを下げるのは売っているオプションプレミアムです。上昇した分の利益を放棄することで購入代金を下げられるのです。

05C14000を20万円で買えるので、このコールオプションを買う場合は購入代金は20万円必要ですが、同時に9万円の価格がついている05C14500を売ることで9万円を受け取れるため、トータルの支払いは11万円に抑えることが出来ます。

最大損失額はこのポジションを組成するために支払った11万円で限定されていながら、コールを買ったのと同じ利益を見込めます。

今回はこの買いと売りを組み合わせたコールデビットスプレッドによって、1ヶ月で39万円稼げた事例を紹介します。

最大損失を減らして低コストでポジションを取れる方法を身に付ければ、あなたも相場観を入れながら自由にオプション戦略を組み立てられるようになりますよ。

最大損失額を低く抑えて相場観を反映できるデビットスプレッドの事例をぜひ学んでください。

続きを読む

デビットスプレッドは無限の利益を放棄した現実派の戦略

あなたはデビットスプレッドを有効に活用していますか?

オプションを学ぶと一番最初に知るスプレッド戦略がこのデビットスプレッドになりますが、勉強すればするほど複雑な戦略に目移りしてしまうため、意外と組成されない戦略です。

ですがこのデビットスプレッドを有効に活用することで、大数の法則に従って利益を残せるチャンスがあります。

この記事ではデビットスプレッドのメリットと解説します。

続きを読む