プットコールパリティ

C22500を適正価格で決済するプットコールパリティの使い方

あなたは、買ったオプションを決済したいときに、流動性が全くなかったらどうやって決済しますか?

下記は先物価格が23,500円付近にあるとき、1000円ほど離れたC22500の板情報です。

もしあなたがC22500を保有していてこのような板情報になっていたら、どうやって決済すれば不利なく適正な価格で決済することができると思いますか?

C22500は、この日1,150円で約定した記録があります。

しかし現在の板情報を見ると1,100円と900円で指値待ちの注文が出ています。

成り行き注文で発注すると900円で約定することはできますが、果たして妥当な価格かどうかわかりません。

この日に約定した記録が残っている1,150円が正しいのか、1,100円が正しいのか、900円が正しいのか、それとも1,100円と900円の間の1,000円が正しいのか、この板情報からではわかりませんよね?

こんな状態でも、C22500を適正な価格で決済する方法があります。

それがプットコールパリティを使った損益固定です。

損益を固定する方法とは、保有しているC22500は何も手を加えずに、23,500円先物ショート+P22500売りの2銘柄を足すことです。

しかも損益固定できればどんなに相場が変動しても、C22500は現在の適正価格で決済できます。

この記事では、どうして流動性が全くないC22500を適正な価格で決済できるのかを解説します。

プットコールパリティを使って損益固定できる方法を身に付ければ、あなたも同じようなポジションを保有したときに慌てずに済むようになるでしょう。

続きを読む

サヤ取りで落ちている5,000円を誰でも簡単に見つける方法

あなたは、買い物をするときに複数のお店を行ったり来たりして、1円でも安い買い値札を見て喜んでいませんか?

あなたが行っているのは、実はサヤ取りです。安い商品を見つけて得した分がサヤの利益となります。

これを日経225オプションで実行するのです。

例えばP19500を205円で売り、C19500を200円で買うと、先物ロングと全く同じ合成ポジションを作ることができて、差し引き5円受け取れます。

日経225オプションは1000倍なので実質5,000円の受け取りがありました。

そこで、日経平均先物のショートポジションを建てると、合成先物ロングと先物ショートを持っていることになるので両建て状態になります。

相場がどんなに変動しても損益は変わらないのに、残ったのは5円の受け取り。これがサヤであり、ポジションを建てた瞬間に5,000円の利益が確定します。

このようにもし目に見える形でサヤが発生していたら、まるで落ちているお金を拾うように利益を確定させることが出来ます。

この記事では日経225オプションを使った、誰にでも目に見えて分かる明らかなサヤを見つける方法をお伝えします。

この記事を読めばあなたも日経平均先物と日経225オプションを活用した、完璧なサヤを見つけることができるようになるでしょう。

あなたも日経225オプションによるサヤを見つけてみましょう!

続きを読む

32万円の損失を回避するプットコールパリティ活用法

あなたは保有したポジションの板情報を見た時に、買い気配値と売り気配値が飛んでいる状態で、成り行き注文でポジションを決済することの危険性をご存知ですか?

一般的に、流動性が無くて板がスカスカな場合、その銘柄自体の取引は避けたほうがよいといわれています。

しかし日経225オプションを取引する方なら、少なからず流動性が乏しい銘柄を保有して苦しんだ経験があるのではないでしょうか。

ほとんどの場合は、流動性が無い銘柄を避けるためにアウトオブザマネーの銘柄を取引していても、相場変動と共にインザマネーになっしまい、やむを得ず流動性が無い銘柄を保有してしまうことがあるのではないでしょうか。

このような時に、成り行き注文を避けるために指値注文をするとしても、板情報に頼って価格を推定するのではなく、オプションプレミアムの妥当な価格を知ることが出来たら自信を持って注文できると思いませんか?

この妥当な価格を知ることが出来るのが前回にご紹介したプットコールパリティなのです。

プットコールパリティを利用すれば、もしディープインザマネーになって流動性が全くなくなっても、自信を持って現在の含み損益を計算することが出来ます。

さらにプットコールパリティを使えば、成り行きや今の板に指値注文を出して不利な価格で約定させるのではなく、損益を固定させてしまうこともできます。

この記事ではディープインザマネーのオプションを決済する場合の成り行き注文の問題点と、プットコールパリティによる損益固定の事例を紹介します。

プットコールパリティを身に付けてオプションをより安全に、そしてロジカルに取引できるようになりましょう。

続きを読む

プットコールパリティの本質はコールとプットの時間価値

プットコールパリティの「パリティ」とは、等価という意味でシーソーのつり合いが取れたような置き換えても何も損得が発生しない状態を指しています。

では、プットコールパリティとは、プットとコールの何が等価であるかあなたはご存知でしょうか?

実は同じ権利行使価格のプットとコールにおける時間価値が等価なのです。

この原理原則をプットコールパリティと呼び、この仕組みを利用することでプットの価格をコールと先物を使って導けるようになります。

このプットコールパリティを使えばディープインザマネーの流動性が乏しい銘柄であっても、この銘柄のオプションプレミアムを正確に判断できるようになります。

ぜひあなたもプットコールパリティを身に付けてオプションプレミアムを正しく判断できるようになりましょう!

続きを読む

プットコールパリティによってオプション価格を正しく判断する方法

あなたはオプションがディープインザマネーになったときに、本来適正に評価されるべき価格と、終値で表示されている価格が異なる場合があるのをご存知でしょうか?

実はオプションプレミアムの終値は、市場が大引けで評価しているはずの妥当な価格とは限らないのです。

2017年6月30日の大引けで7P20375のプレミアムは終値330円と算出されていますが、実はこのプレミアムは400円が妥当な価格です。

(価格表示はシミュレーターツールPrizeより引用)

もし市場の評価として終値が絶対に正しいと思い込んでしまうと、正しくリスク分析できなくなる恐れがあります。

そこで役に立つのが、妥当なプレミアムを算出するためのプットコールパリティの知識となります。

プットコールパリティを用いることで、正しいオプションプレミアムを計算できるようになりますので、あなたも終値表示に惑わされることなく正しいリスク管理を行えるようになりましょう。

続きを読む

プットコールパリティをわずか1分で頭に描く方法

あなたは保有しているオプションがインザマネーとなってしまい、流動性が乏しくて決済できないと困った経験はありませんか?

この時に利用するのがプットコールパリティという概念となります。

このプットコールパリティを正しく理解することで、インザマネーになってしまったオプションを、満期日まで現在の価格で固定して損益を確定することができます。

このプットコールパリティは、オプションのコールと、プットと、先物を結びつけるとても大切な考えです。

しかし実際に保有ポジションがインザマネーになったときに正しく理解をしていないと、肝心な時に誤発注をしてしまったり、自信が無くて含み益を固定できずに利益が少なくなったりと、思わぬ損失に繋がります。

ここでしっかりと把握して、コールはどうやってプットと先物で表されるのか理解しましょう。

続きを読む

カレンダースプレッドの意外な落とし穴!権利落ちを確認する方法

あなたがカレンダー系スプレッドを保有していて決済する場合には、ポジションの反対売買と、プットコールパリティによる損益の固定の2つの選択肢があります。

しかし、日経225には、3月末と9月末に権利落ちと呼ばれる価格の下落があります。

この権利落ちを考慮していないと、あたかも有利に見えるポジションだったり、全く利益の見込みがないポジションのように見えてしまうため注意が必要です。

年に2回しかない権利落ちを忘れないように、この記事できちんと理解して役立てるようにしましょう。

続きを読む

ディープ・インザマネーのプレミアム算出

先日の暴落でディープイン食らいました


テキスト通りに両サイドを蓋をしSQ決済するつもりです


ただ初めての事なので不安があります

計算方法の確認させてください

現状10月限ミニ先物価格 

18500場合 


10P 20000 @495X-1  板無し

10C 20000 @320X1  現状@100

ミニ 19475X-10

10P損益 -1005

10C損益 -220

ミニ  975

トータル -250であっていますか?

現状で決済すれば±ゼロなので10Cを決済しようと思います


いかかでしょうか?

 

続きを読む