リスクコントロール

オプション売りのロスカットを成り行き注文してはいけない理由

リスクのイメージ

あなたは売ったオプションのロスカットはどのように注文していますか?

逆指値でロスカット注文を成り行き注文を出しておけば安心だ、と思っていませんか?

通常の相場変動の場合は、逆指値のトリガーで条件が成就したら成り行き注文を発注することで、きちんとロスカット処理が行われるでしょう。

しかし、相場が大きく変動した際には、逆指値で成り行き注文をしても板がスカスカで誰も売り手がおらず、売り手を追いかけて価格が吊り上がりとんでもない価格で約定する場合があるので、成り行き注文はご法度です。

この記事では、どうして成り行き注文をしてはいけないのか、そしてオプション売りのリスクをコントロールするためにどのような注文を出しておけばリスクを回避できるのかを解説します。

続きを読む

リスクコントロールして確実に利益を増やすオプションの使い方

リスクのイメージ

投資はリスクを引き受けてリターンを得るのが鉄則です。

リスクが無いところにリターンはありません。

では、あなたのご自身の投資のリスクを正確に把握していますか?

引き受けても良いリスクを引き受けて、引き受けてはいけないリスクをきちんと避けていますか?

そしてあなたが引き受けているリスクがどの程度のものか、資産に対して適切なバランスになっているか正しく把握できていますか?

もしこの問いに明確に答えられないなら、今すぐ投資のリスクコントロールができるオプションを学びましょう。

オプションはリスクコントロール手段であり、リスクコントロールを目的に生まれた金融商品です。

投資でリスクコントロールできていないのに、もしオプションを使ったことがないのであれば、早かれ遅かれ相場から退場してしまうことでしょう。

オプションでリスクコントロールを行うは簡単です。

もしあなたが株を持っていた場合に、急落した際に損失を軽減させたいと思っていたら、オプションを買うだけです。

例えば、2016年のトランプ大統領選で330万円株式投資していた場合に、一瞬のドローダウンで35万円の含み損が出ても、プットオプションから37万円の利益でカバーするために支払った保険料はわずか8万円だけです。

わずかな保険料で下落の際の資産の目減りをカバーしつつその後の上昇相場をゆっくりと待って92万円の利益を出せるのも、リスクコントロール出来ているからです。

この記事ではオプションを使ったリスクコントロール手法を学ぶことができますので、明日からのあなたの投資にオプション取引が加わるでしょう。

オプションを使ってリスクコントロールできれば、損失を軽減しながら利益を狙えるので長期に相場に居続けることができます。

投資で負けないためには長期に相場に携わることです。

リスクにさらせばそれだけリターンを得られるのが相場の世界なので、リスクを取ればリターンを得られます。

そのリターンを得るチャンスを逃さないように、一時的な下落相場でも確実にリスクコントロールして損失を軽減し、来るべき日に備えましょう!

続きを読む