リスクコントロール

標準偏差が資産運用に与える影響とシャープレシオ

あなたは資産運用で重要視される指標の一つ「標準偏差」という言葉を聞いたことがありますか?

通常は「これは想定年間利回り5%の商品です」「こちらは利回り7%の商品です」といったように、年間利回りのみが投資の判断材料と認識されがちなのですが、実は標準偏差を使うことでその目標とする年間利回りを実現できるかどうかを詳細に判断する材料となります。

標準偏差とは何か、Wikipediaをにはこう書かれています。

標準偏差(ひょうじゅんへんさ、(英: standard deviation、SD)は、分散の正の平方根である[1]。データや確率変数の散らばり具合(ばらつき)を表す指標の一つである。例えば、ある試験でクラス全員が同じ点数、すなわち全員が平均値の場合、データにはばらつきがないので、標準偏差は 0 になる。

(Wikipediaより抜粋)

標準偏差はバラつきを示す指標です。

バラつきを投資商品のリスクと考えて、(リターン-安全資産利回り)÷リスクで投資商品の優劣を測定できるようにしたのがシャープレシオです。

シャープレシオ(効率係数)

リスクを取って運用した結果、安全資産(リスクがゼロと仮定した資産)から得られる収益(リターン)をどの位上回ったのか、比較できるようにした指標です。
ファンドの運用成績を比較する場合に広く用いられています。単にリターンを比較するのではなく、その裏にあるリスクとの見合いで運用成果を判断しようとするものです。

大和アセットマネジメントの用語集より抜粋)長期投資の指標にもなります。

用語だけ並べられても良く分からない方のために、今回は視覚的に捉えられる視覚化されたゲームを体験できるサイトを紹介します。

続きを読む

オプション単体の取引で勝つのが難しい理由とボラティリティトレード

Keyboard Help Support Information  - geralt / Pixabay

日経225オプションは満期まで放置するのではなく、期中で目標の損益に達したら決済するので、「デルタ、ガンマ、セータおよびベガ」というリスクパラメータを意識しながら取引をします。

ギリシャ文字ともいわれるこの4つの指標ですが、この中では簡単にデルタはヘッジできます。日経225ミニを使います。

このミニによるデルタヘッジさえ充分に出来ていれば、上がるか下がるかの方向性のリスクは取らずに済んでいるからオプションで大きく負けることはない、と思っていませんか?

実は方向性のリスクだけを消しても、オプションには3つの判断が必要なので、残り2つのリスクをどうとるのかが求められます。

ヘッジでデルタやガンマやセータを消して、初めてオプショントレードはボラティリティトレードだと言えます。

オプションと先物のイメージが湧かない方のためにオプションのヘッジについて記載します。

続きを読む

オプション取引で「今の損益グラフ」を描画できる2つの方法

あなたはオプション取引を行うときに、エントリーしたポジションの損益グラフを見ていますか?

日経225オプションを満期まで保有する場合には問題ありませんが、満期まで保有しないスタイルの場合は、期中で反対売買をして利確や損切りをします。

その時に必要なのが、「今の時点の損益グラフ」です。

損益グラフには3種類あります。

・ポジションのエントリー前の形

・エントリーから満期までの値動き

・SQの損益

よくWebサイトで見かける損益グラフは、エントリー前とSQの損益の2つだけです。

しかし期中決済をすることを考えると、トレード中の損益グラフを見ないとリスク管理ができません。

この記事では、損益グラフを期中に描くツールとして

・松井証券のネットストックスマート

・Prize

を紹介します。

続きを読む

オプション取引の始めの一歩

あなたは「リスクヘッジ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

簡単にご説明すると、資産が一方的に下落することを最小限に食い止めるために、一方的に下落したら利益になるような対処をしておくことです。

生命保険は、まさに「リスクヘッジ」です。

将来の危険を予測して保険をかけますので、お仕事の収入が途絶えた時に家族を守ることが出来ます。

そのための保険料を毎月支払って安心を得ています。

このリスクヘッジがオプションの本質になりますので、ルールや仕組みについて説明していきましょう。

続きを読む

IG証券のノックアウトオプションは資金効率の高い取引が可能

今年の9月に新しくできた、IG証券の「ノックアウトオプション」をご存知でしょうか。

対象はFX、株価指数、商品などがあり、日経平均株価に対応した銘柄もあります。

この商品を使うと、今までにヘッジできない時間帯でも確実にヘッジ機能を果たしてくれる優れた商品です。

特筆すべき点は最大損失額が決まるために、必要証拠金を小さくできるためレバレッジを掛けることも可能な点です。

リスクコントロール手段の一つとして、最大損失額を投資家自身で設定して相場観を反映させた資金効率の高い取引を実現できます。

日経225オプションなどのオプションと何が違うのか、ノックアウトオプションの機能やコストについて解説します。

続きを読む

月利10%以上を稼げる日経225オプションのリスクコントロール

あなたは、なぜ日経225オプションなら月利10%を実現できると思いますか?

それは、投資家がリスクを取っているからです。

投資はリスクを取らないとリターンは得られませんので、月利10%以上のリターンを得るためには、それ相当のリスクを取らなければ実現しません。

実は、市場参加者が意識せずに引き受けてしまっている、日経225オプション取引のリスクがあります。

このリスクを知っておかなければ、コツコツ勝っていてもいつかはドカンと負けてしまいます。

逆に、このリスクを知っておけば、自分が取っているリスクはどの程度のものなのかを認識できて、資金管理にも役立てることができます。

この記事では日経225オプション取引の市場参加者が引き受けているリスクと、そのリスクを避けたい場合について解説しますので、これを読めばあなたも日経225オプションのリスクについて理解することができてどんなオプション取引を始めたらよいかが明確になるでしょう。

続きを読む

オプション売りのロスカットを成り行き注文してはいけない理由

リスクのイメージ

あなたは売ったオプションのロスカットはどのように注文していますか?

逆指値でロスカット注文を成り行き注文を出しておけば安心だ、と思っていませんか?

通常の相場変動の場合は、逆指値のトリガーで条件が成就したら成り行き注文を発注することで、きちんとロスカット処理が行われるでしょう。

しかし、相場が大きく変動した際には、逆指値で成り行き注文をしても板がスカスカで誰も売り手がおらず、売り手を追いかけて価格が吊り上がりとんでもない価格で約定する場合があるので、成り行き注文はご法度です。

この記事では、どうして成り行き注文をしてはいけないのか、そしてオプション売りのリスクをコントロールするためにどのような注文を出しておけばリスクを回避できるのかを解説します。

続きを読む

リスクコントロールして確実に利益を増やすオプションの使い方

リスクのイメージ

投資はリスクを引き受けてリターンを得るのが鉄則です。

リスクが無いところにリターンはありません。

では、あなたのご自身の投資のリスクを正確に把握していますか?

引き受けても良いリスクを引き受けて、引き受けてはいけないリスクをきちんと避けていますか?

そしてあなたが引き受けているリスクがどの程度のものか、資産に対して適切なバランスになっているか正しく把握できていますか?

もしこの問いに明確に答えられないなら、今すぐ投資のリスクコントロールができるオプションを学びましょう。

オプションはリスクコントロール手段であり、リスクコントロールを目的に生まれた金融商品です。

投資でリスクコントロールできていないのに、もしオプションを使ったことがないのであれば、早かれ遅かれ相場から退場してしまうことでしょう。

オプションでリスクコントロールを行うは簡単です。

もしあなたが株を持っていた場合に、急落した際に損失を軽減させたいと思っていたら、オプションを買うだけです。

例えば、2016年のトランプ大統領選で330万円株式投資していた場合に、一瞬のドローダウンで35万円の含み損が出ても、プットオプションから37万円の利益でカバーするために支払った保険料はわずか8万円だけです。

わずかな保険料で下落の際の資産の目減りをカバーしつつその後の上昇相場をゆっくりと待って92万円の利益を出せるのも、リスクコントロール出来ているからです。

この記事ではオプションを使ったリスクコントロール手法を学ぶことができますので、明日からのあなたの投資にオプション取引が加わるでしょう。

オプションを使ってリスクコントロールできれば、損失を軽減しながら利益を狙えるので長期に相場に居続けることができます。

投資で負けないためには長期に相場に携わることです。

リスクにさらせばそれだけリターンを得られるのが相場の世界なので、リスクを取ればリターンを得られます。

そのリターンを得るチャンスを逃さないように、一時的な下落相場でも確実にリスクコントロールして損失を軽減し、来るべき日に備えましょう!

続きを読む