ノックアウトオプションをミニサイズでカバードコールする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは、IG証券が提供しているノックアウトオプションを使ったカバードコール戦略を、試しに小ロットで取引したいと思いませんか?

ノックアウトオプションは日経225オプションに比べて1/10の金額から取引できるので、実はかぶオプと同じサイズ感で取引可能です。

ですが、株式のノックアウトオプションは存在しておらず、カバードコール戦略を組んでみたくてもサイズが異なるため活用できません。

そこで、ノックアウトオプションを最低単位で取引して、カバードコール戦略を試せる方法があります。

それが、アメリカ株オプションを使った取引です。

この記事ではアメリカ株オプションとノックアウトオプションを使ってカバードコールを行う方法を説明します。

かぶオプを使いたくても使えない2つの理由

かぶオプと同じカバードコールが有効なノックアウトオプションで紹介した戦略は、ノックアウトオプションを10ロット保有することで、日経平均先物のロングポジション1枚を作りました。

ですが、IG証券ではノックアウトオプションは1ロットから取引できます。

手始めに練習するなら、小ロットで取引したいと思いませんか?

ノックアウトオプション1ロットに対してカバードコールをしたいのですが、日経225オプションを使うと、1000倍単位しか取引できないので、サイズが合いません。

だから、日経225オプションを使う場合はノックアウトオプションを10ロット分必要になってしまいます。

そこで、オプションサイズが小さい商品と言えば日本ではかぶオプが有名です。

このかぶオプを使えばサイズ感を統一してノックアウトオプションでカバードコール戦略を組めそうですが、課題が2つあります。

1つ目はかぶオプは現在はまだ流動性が充分高まっていない点。

そしてもう1つはノックアウトオプションは個別株に対応していない点です。

この2点があるため、かぶオプとノックアウトオプションを組み合わせたカバードコール戦略を使うことができません。

そこで、検討したいのが、アメリカ株オプションです。

アメリカ株オプションを使ったカバードコール

アメリカ株オプションは100倍のサイズで取引できるのでかぶオプと同等のサイズです。

肝心の原資産ですが、IG証券には米国500という、S&Pに連動した商品があります。

この米国500は2796ドルですが、1ロット取引をするなら1/10の279ドルで取引できます。

米国500にはノックアウトオプションもありますので、このノックアウトオプションを利用します。

そして、オプションにはSPYオプションを使います。

SPYとは、S&P500指数のSPXに対して1/10サイズにしたETFです。

原資産を米国500ノックアウトオプションを利用してSPYロングポジションを作り、カバードコールにはSPYコールオプションを売る組み合わせで練習することができます。

SPYオプションを取引するにはIB証券

現在、日本人がSPYオプションを取引するのに適しているのは、インタラクティブブローカーズ証券(IB証券)です。

他にもFirstrade証券は、以前は日本人の新規口座開設を停止していたようですが、現在は再開したようです。

ただしFirstrade証券は口座開設から取引プラットフォームなどすべて英語のため、英語が堪能な方でないと口座開設をするのは難しいでしょう。

まずはIB証券で口座開設をしてみて、オプションの練習をするのが良いかと思います。

米国500のノックアウトオプションでSPYロングを作る

IG証券で米国500のノックアウトオプションを買いSPYロングポジションを作ります。

ノックアウトオプションの「米国500ブル(上昇)KO」と「米国500ベア(下落)KO」のどちらかを選択します。

日本225と異なり、この米国500のノックアウトレベル最小ポイント値幅は、1.0です。

よって銘柄を選ぶ際にも、ノックアウトレベルが1ドル刻みで出てきます。

肝心のロット数ですが、1ポイント1ドルで計算されていることがわかります。

SPYオプションは1ポイント100ドルの損益が発生しますので、ロット数は100で釣り合いますので、100ロット取引します。

もしSPYオプションのサイズにこだわらなければ、1ロットからでも取引ができます。

ノックアウトレベルを1ポイントに設定して、100ロット取引する場合に必要な証拠金は207ドルです。

およそ2万円ちょっとでSPYロングポジションと同等のポジションを作れます。

もちろんノックアウトレベルを1ポイントに設定していると、少しも見合っただけですぐノックアウトされてしまいますので、多少の余裕分は必要です。

これで、SPYのロングポジションは完成です。

SPYコールオプションを売ってカバードコールする

ついで、SPYコールオプションを売ってカバードコールします。

権利行使価格は、届かなそうな権利行使価格を選んでもいいですし、値上がり益を確保出来たら利食いしても良いと考えればプレミアムが高いオプションを選んでも良いでしょう。

例えば来年1月18日満期の280ドルのコールオプションがおよそ2.23ドル程で売ることができるので、223ドルの受け取りがあります。

ノックアウトオプションの証拠金が207ドルで、SPYオプションの受け取りが223ドルなので、証拠金拘束額以上の受け取りになっているのが面白い取引ですね。

しかもSPYが上昇すれば、この223ドルのほかに上昇益まで利益にできます。

この場合はSPYロング相当のノックアウトオプションが含み益を出して、SPYオプションは含み損が出ます。

この含み損はSPYロングで全てカバーできていますが、証券会社が分かれるため、IG証券では利益が出て、IB証券では損が出ます。

この場合に必ずSPYロングのほうがSPYオプションの損失を上回っているため、ポートフォリオ全体で損失は出ません。

SPYオプションはアメリカンタイプ

気を付けたいのが、SPYオプションはアメリカンタイプです。

日経225オプションはヨーロピアンタイプなので満期前に権利行使されることはありませんが、アメリカンタイプの場合は権利行使されることがあります。

満期前に権利行使されるとSPYオプション1枚は現物株のSPYショート100株に変わってしまうので、もし権利行使されたら速やかに反対売買をして、ノックアウトオプションも決済するのが良いでしょう。

ノックアウトオプションは満期が約9か月ありますので、ほぼ現物株と同じような感覚で取引できます。

SPYオプションの売る権利行使価格や限月は、練習だと割り切れば1週間先や2週間先でも良いかもしれません。

練習は繰り返し行い感覚をつかむ

何度か繰り返して試していくうちに、カバードコール戦略の利益の出方が分かってきます。

そしてカバードコールに自信が付いたら、IG証券の日本225ノックアウトオプションと日本の証券会社の日経225オプションで、サイズを10倍にしてカバードコールをしていけばよいでしょう。

そのほうが、サイズ感を把握してスムーズに取引できるのではないかと思います。

まとめ

インタラクティブブローカーズ証券などをお持ちの方は、SPYオプションとこの米国500ノックアウトオプションを利用して、カバードコールを小ロットで行う練習を行ってみるのも良いでしょう。

サイズを1/10で取引できますので、練習に最適です。

練習をしてカバードコールのメリットを感じてサイズを増やしても安全性があると思えた段階で、IG証券の日本225ノックアウトオプションと日経225オプションの組み合わせに移行すれば自信をもって取引ができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket