IVとHVは同じ「ボラティリティ」という概念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

秋の夜長にお勉強、はかどってますか(^^)

 

私の進みが遅くてなかなか前に進まない??

それはそれとして、私なりに頑張りますφ(..)

 

昨日の記事で質問をいただきました。

あとがきで内容を紹介しますね。

 

最近2位をキープ中(^^)

みなさん強力な協力をお願いします⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

IVとHVは同じ概念なんです

 

 

トレーダーは将来のある時点でのボラティリティ、

つまりフューチャーボラティリティを

知りたいと思っています。

 

 

 

なぜかというと、

フューチャーボラティリティがもし正確にわかるなら、

今のボラティリティが高いか低いか判断できるので、

それにしたがって

優位なポジションを取れますからね!

 

 

 

 

仮に10日後のボラティリティが今より高ければ、

 

「ボラティリティを低い今のうちに買っておいて、

高くなったら売る」

 

みたいな単純な戦略でしっかり稼げます。

 

 

 

 

しかし未来のことは誰にもわからないので、

今わかっているオプション価格から

そのボラティリティを導いたのがIVというわけです。

 

 

 

 

いろいろなボラティリティの説明は

ここでしていますよ(^^)

 

 

IVは市場参加が【暗示している】

ボラティリティというわけです。

 

 

 

 

 

まぁ、ここまでは何度か説明してきたことを

繰り返し言っているような気がしますけどね^^;

 

 

 

 

それで、このIVにも、

これまで説明してきたようなHVの概念が使えます

 

両方ともボラティリティという一つの考え方ですからね♪

 

 

 

だから、

今のIVが20%だったとしたら、

1年後に±20%の変動で収まる確率は68.3%である

ということです。

 

 

 

 

じゃあ1日あたりは?

 

もちろん1.25%ですよね!

125円の変動に収まる確率が68.3%になります。

 

 

市場参加者が【暗示している】ボラティリティなので、

今IVが20%になっているということは、

市場参加者が

 

68.3%の確率で1日の変動が125円で収まるだろう

 

と思っているということになります。

 

 

 

だから、

あなたがもし

「125円以上変動するに違いない!」

と思えば、

今のIVは低く評価されているということになるので、

低いIVが高くなる(適正水準に戻る)ことを狙って

うまく利益に変える戦略をとればよいことになります。

 

 

 

 

 

まあコトはそんなに

うまくいきませんけどね(^^;)

 

ただ、これがIVとHVに共通する、

ボラティリティの概念の説明となります。

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

昨日の記事についての質問。

 

1つ目は、

エクセルの関数で標準偏差をあらわすのに

STDEVとSTDEVPのどっちが正解?

というもの。

 

関数の違いは母数をnにするかn-1にするかの違いです。

 

正確に言うと、

・サンプルが全数の場合はSTDEVPで母数をn

・抜き取ってある集団だけの場合はSTDEVで母数をn-1

です。

 

今回のHVはサンプルを20日分だけ抜き取るので、

n-1のSTDEVを利用します。

 

 

これがもし日経平均が

生まれたときから今まで(←すごい期間ですが・・・)

の場合はnのSTDEVPになりますね。

 

このnとn-1の考えは、品質工学によると、

抜き取りサンプルで標準偏差を出したときのばらつき(誤差)が、

全数で標準偏差を出したときより「小さめ」に出てしまうため、

分母をn-1にすることで標準偏差を『補正』するそうです。

 

このn-1というのは、

理論上ではなく統計上そういう傾向だという結果なので、

経験則に近い考え方ですね。

 

 

 

まぁ、HVを考える際には

どっちでもいいと思いますよ(笑)

 

 

 

オプショントレードで使いたいHVは、

母数の数の議論ではなく

昨日との差、そして明日との差を知りたいから

HVを出しているんだと思います。

 

なので、出た数値の信頼性を疑うのではなく、

1日ごとに連続して出てくる数の相対比較をしましょう!

 

 

 

2つ目は

エクセルの√の出し方。

 

私はエクセルでいろいろやっているので、

当然のように関数を

省略してしまいました(汗)

 

 

ルートはSQRTという関数で出せます。

 

 

250のルートは

=SQRT(250)と入力すると出てきます。

 

 

 

 

ついつい気がつかず

省略して掲載してしまいました。

 

当然分からない方もいるはずなので、

今後は気をつけるようにしますね。

 

お問い合わせいただいた方に感謝です(≧∇≦)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket