転売目的でゲーム機を買った人が、追加注文でお得に売る契約がオプション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

投資を全く知らない人、オプション取引を知らない人に話をすると、

「何?オプションって。ディーラーオプションとかの、あれ?」

と、よく聞かれることがあります。

 

実は、その「オプション」で、全く間違っているわけではありません。

意外と本質を捉えた言葉、という気がしていますので、その点について考察します。

オプションはオプションで、みんなが思っているオプションと一緒

「ディーラーオプション」

「オプション注文」

「オプション契約」

などと言われる、オプションがオプション取引です。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
でオプションを調べてみました。

以下抜粋。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【選択肢】

選択肢のこと。

製品やサービスにおける追加注文のこと。
一般に、一定の完成品に対して利用者が選択的に追加することで、
機能を追加したり性能を高めるといった目的を持ったものを指す。

また、その製品・サービス自体を指す。

一例として、自動車の注文装備など。
対義としては標準装備。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このように、追加注文するのがオプションです。

翻って、オプション取引も、追加注文の意味合いがあります。

 

だから、意味合いとしては全く遠いわけではないのです。

事例を3つ挙げてみます。

 

1.車を買わずにディーラーオプション付ける人はいない

カーナビなどの車のオプション品は、車という本体があって、オプションでカーナビやETC、フロアマットなどをオプション品として購入します。

本体の車を買わずにオプションだけ注文する人って、いないですよね。

https://3.bp.blogspot.com/-8sXAPWft5GU/WtxrzoW9ULI/AAAAAAABLqQ/vecFfTD2ILU5g6xgAXzMLT7ceshNNap9QCLcBGAs/s800/car_navigation_man.png

これぞまさしく、「本体があっての追加注文」です。オプション注文です。

 

2.ポテトもご一緒にいかがですか?

オプション注文とは、「ご一緒にポテトはいかがですか?」に近いかもしれませんね。

(厳密にはポテトを薦めるのはセット販売だと思います)

ハンバーガーを買ったから、ついでにポテトやサイドメニューはいかがですか、と付随して買わせる方法。

 

こちらも、ポテトだけが欲しければ、最初からポテトを注文します。

ご一緒にポテトもいかがですかと聞かれるのは、本体のハンバーガーがあって、そのついでに追加注文で商品を買ってほしいから勧めています。

f:id:option-trade:20190604085331j:plain

 

 

3.困る前に契約しておく「オプション契約」

オプション契約とは、車で言えばJAFに加入しないかとか、任意保険(人身傷害とか対物対人の保険とか)に入ったほうがいいですよとか、正規ディーラーのメンテナンスパックみたいなものでしょうか。

あとは住宅に関する火災保険や、地震保険もそうですね。

本体の家があるから、火災保険や地震保険に入ります。

家が無いのに火災保険に入る人はいませんよね。

これぞまさしく「追加注文」して加入するものです。オプション注文で契約するのが保険です。

しかも任意なので入っても入らなくてもよくて、保険に加入するかどうかの選択権は持ち主にあります。

https://4.bp.blogspot.com/-whOzhntZmOc/VYJcN9E4KAI/AAAAAAAAuUw/r4e_JSM5fyk/s400/building_hoken_dairiten.png

このように、本体があって追加注文するのが「オプション」です。

オプション取引も実は同じです。

取引する商品が本体にあって、その本体の取引にオプションで注文する機能を付けたもの。

それがオプション取引です。

 

日経225オプションは、追加注文だけを取り出して売買をするのでわかりにくいのですが、株オプションは本体の株があって、オプション注文を契約するために使われます。

では、どのように使われるのか簡単に解説します。

持っている株を「売る」ためのオプション注文をする人

もしあなたが、転売目的で流行りのゲーム機を買ったことを想像してみてください。

少し前だとニンテンドー〇イッチでしょうか。今でこそ買えるようになりましたが、発売当時は品薄でしたよね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61l-q%2BMon3L._SX342_.jpg

例えば、このゲーム機の定価は3万円だとします。

転売する人の気持ちになってみると・・・

それが市場で4万円で買える状態にあるとします。いわゆる「転売ヤー」いて、値段を上げています。

でもあなたも「転売ヤー」だから、もっと値段が上がるはずと思っているとします。

https://img.nijimen.net/uploads/topic/wide_image/19973/thumb_4c698319-b20d-49f7-b85b-34cdb77d5d83.jpg

このような人気があって手に入らない商品を買った転売目的人が、次にやることがあります。

 

必ず、

もれなく、

100%、

絶対に、

間違いなく、

何が何でも、

 

やること。

 

 

それは、買ったものを売るですよね?

転売目的で買って、売らない人はいません。全員売ります。

 

転売が目的だから、売るのは必然

買った値段が4万円で、売却値段が4万5千円だったら、5千円の利益。

もし売却値段が3万7千円だったら、3千円の損失。

 

このように利益になるか損失になるかは市場に出回っているゲーム機の数とか人気によって左右されますが、あなたは定価の3万円であっても、転売目的なら売らないといけませんよね。

(もしゲームを楽しむためならいいのですが、それは転売ヤーではありません(笑))

 

 じゃあ、値上がりするか値下がりするか、今後の値動きを正確に読めますか?

で、このゲーム機を売るときに、普通は「今買いたい人」を見つけて売りますよね。

今買いたい人が、仕入れ値よりも高く買ってくれれば転売は利益になります。

買った値段が3万5千円で、売却値段が4万円だったら、5千円の利益。

 

ですが今買いたい人がなかなかいなくて、仕入れ値よりも安くしか売れなければ転売は失敗です。

もし売却値段が3万2千円だったら、3千円の損失。

 

http://manezo.com/matome/wp-content/uploads/2017/01/gakkari_tameiki_man-1-301x300.png

 

これはわかりますよね?

 

では、そのゲーム機がどんどん値段が吊り上がっていったらどうでしょうか。

右肩上がりに売買値段が日増しに上がっていく・・・

 

買った値段は4万円だけど、

昨日は4万2千円。

今日は4万4千円。

次の日は4万5千円・・・

 

「やべぇ。このまま値段が上がり続けて5万円を超えるんじゃないか!?」

 

なんて思うかもしれません。

 

https://4.bp.blogspot.com/-I4PvvAj24Go/VcMlbxXHo4I/AAAAAAAAwcA/VKG__46VW_E/w1200-h630-p-k-no-nu/pose_win_boy.png

 

2週間くらいそのまま様子を見ていたら、もしかしたら今よりももっと高値で売れるかも・・・

 

そんなことを考えると、「今買いたい人」に今の値段で売ったら利益はそこまで。

買った値段が4万円で、売却値段が4万5千円だったら、5千円の利益。

 

もしかしたら2週間経って値段が下がるかもしれないけど、右肩上がりになってゲーム機制作会社も増産が追い付かないとかいうニュースを聞いたら、もしかするともしかするって思いませんか?

将来を予想するのは難しいですが、グングン値段が上昇していったら、なんとなくこれからも値上がりしていくような気がしますよね。

 

そんなとき、こんな都合のいいこと考えたくなりませんか?

「今手放したら4万円で買って4万5千円で売るから5千円の利益。

でも、2週間後までまったら、もしかしたら1万円や2万円の利益が出るかもしれない。

 

じゃあ、2週間待ってみるか!

 

でも、2週間待ってるうちにニンテンドー〇イッチが増産されて誰でも買えるようになったら、定価の3万円になっちゃうな・・・

いま僕は4万円で買ったから、3万円でしか売れなかったら1万円の損失。

 

それは痛いから、せめて4万1千円くらいで売れれば、差し引き1千円の利益が残る。

 

リスク取って2週間待って値上がりを期待するんだけど、2週間後にいくら値段が下がっても4万1千円で買ってくれる人がいればいいのになー」

 

 

って、こんな都合の良いことを考えたくなりませんか?

もし値段が下がっても4万1千円で買ってくれれば、買値は4万円で売値は4万1千円だから、差し引き1000円の利益です。

 

今の値段は4万5千円まで値上がりしているので、4万1千円で売るのはちょっと損した気分ですが、定価の3万円まで値下がりするよりはよっぽどマシじゃないでしょうか?

こんなことができたらいいなって思いませんか?

 

 それを叶える方法があります

こんなドラえもんのような「あんなことできたらいいな」を叶える方法があります。

 

それがオプションです。

 

オプションは、都合の良い願いをかなえる方法なんです。

こんな仕組みがあったら、転売も安定利益が狙えると思いませんか?

 

ただ、この「オプション取引」は転売業界では使えません。

株式投資で、このオプションを使うことができます。

 

この仕組みを知って投資するのと知らないで投資するのは、どっちが利益が残りやすいと思いますか?

それは、当然オプションの仕組みを知っている人の方だと思いませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/ee74147/225option.net/public_html/wp-content/themes/xeory_base_customs/lib/functions/bzb-functions.php on line 312