デビットスプレッド

mini-S&P500 Index Options(XSP)によるデビットスプレッド事例

デビットスプレッドを行うには、通称e-miniと呼ばれる、mini-S&P500 Index Options(ティッカーコード:XSP)が適しています。
理由は満期タイプがヨーロピアンタイプで、株価がS&P500指数の1/10と小さいからです。

この記事では代表的な株価指数やETFの特徴を解説し、XSPがデビットスプレッドに適している理由を解説します。

あなたも小さい取引単位で練習を繰り返してデビットスプレッドをマスターしませんか?

続きを読む

デビットスプレッドに注意!米国株オプションの思わぬ落とし穴

あなたは米国株オプションの取引を開始しようとした際に、まずはリスクを抑えたデビットスプレッドを試してみようと思っていませんか?

デビットスプレッドとは、売りオプションと買いオプションを組み合わせたスプレッドトレードです。
損失限定で少ない資金量でトレードが出来るため日経225オプション市場でも人気がある戦略です。

ところが、米国株オプションで日経225オプションと同じようにデビットスプレッドを実行すると、思わぬ落とし穴に陥る可能性があります。

その落とし穴とは、損失限定のスプレッドトレードをしていたはずが、いつの間にか売りオプションが解消されて方掛けのトレードとなる場合があります。
さらには多額の証拠金を要求される場合があるのです。
しかもそれは含み益が出ているときに起こります。

原因は満期タイプがアメリカンタイプだからなのです。

この記事ではオプションの2つの決済タイプと満期における現物株の引き受けルール、そしてデビットスプレッドを組み権利行使された際に必要となる資金について解説します。

続きを読む

Apple株が上昇すると予測した時のデビットスプレッド

もし今からApple株が上昇すると予測し相場観を利益に変えたい場合は、個別株を購入するよりもオプションでコールデビットスプレッドを行えば、必要資金は少なく利益を上げることが可能です。

この記事では株式保有と比較したオプションの戦略事例を紹介し、その中でも証拠金を抑えて取引が出来るデビットスプレッド戦略と、組成の際の注意点について説明します。

証拠金が低く抑えられて毎週トレードできるようになれば、理論値通りのリターンを得ることも十分可能になります。

続きを読む