ドルコスト平均法を銀投資のプット売りで適用する際の注意点

ドルコスト平均法とは、購入するタイミングを分散させることで、平均取得単価を安定させる取引手法の一つです。この考え方は、銀現物商品やCFD商品を積み立てていくための手段の他に、銀オプションを投資に取り入れる際の「プットオプション売り」に関しても有効に機能します。

また、サクソバンク証券で取引する際の口座維持手数料がかからないようにする手段でもあります。

投資リターンを安定させ、さらに口座維持手数料分がお得になるドルコスト平均法をマスターしてみませんか?

続きを読む

銀投資の利回りを安定させるドルコスト平均法

ドルコスト平均法を使った投資方法で、銀投資の利回りを安定させることが出来ます。

その理由は、投資タイミングを分散させることにあります。

時間を分散させることで一時的な高値掴みや思惑による買いそびれがなくなりますので、取得単価の平均化を図る効果が期待できます。

銀の最近のチャートから、ドルコスト平均化の効果を確認してみましょう。

ドルコスト平均法のメリットとデメリットを解説しますので、ご自身の投資スタイルに合わせて明日からの投資に役立てることが可能となります。

続きを読む

銀価格が30%も値上がりした際にプット売りしにくい理由

銀投資として銀オプションを利用した投資法を解説していますが、銀価格が上昇するとデメリットが生じます。

そのデメリットとは

  • 次のプット売りでの受け取りプレミアムが低くなる
  • プットの権利行使価格が高くなるので暴落時にカバードコールしにくい
  • 下落リスクが高まる

1つずつ詳細に解説していきますので、デメリットを引き受けられるなら、銀価格が上昇しても安心して銀投資に臨めるようになるでしょう。

続きを読む

NYSEのSLV(銀ETF)とサクソバンクの銀とは

最近サクソバンク証券を用いた銀オプション関連の質問が増えてきました。

その中でとりわけ多いのがニューヨーク証券取引所(NYSE)のSLVオプションとの違いについて知りたいという声が多くなってきています。

そこでこの両者の違いについて説明します。双方にメリット・デメリットがあり、どちらかが一方的に優れているということはありません。
何をリスクとして引き受けるか、取りやすいか選択のポイントとなります。

 

続きを読む

円高でも為替の影響が小さい銀オプション投資

銀投資の入り口として銀オプションを使った投資法がありますが、銀価格は「銀ドル」なので円で取引する日本人には為替の影響があります。

ですがここでは為替については考慮しなくても影響は軽微です。
理由は銀オプションによる利益に比べると為替の影響はとても小さく保有できるリスクだからです。

その理由を理解するだけで、円高になっても不安に思うこと無く投資ができるようになります。

 

続きを読む

銀オプション投資なら「ほったらかし」に出来る3つの理由

あなたは投資期間中に「ほったらかし」にして安定収入を得られたらいいと思ったことはありませんか?

ほったらかし投資とは、トレード期間中のリスクコントロールがいらず、ポジション調整などのメンテナンスをせずなにもしないことです。

この投資を実現するポイントは、損失の最大額が自己資金を超えないように資金管理することです。例え利益になりやすい戦略であっても1回の損失が大きく自己資金を超えるようだと、一発退場がありえるからです。

この条件に当てはまる投資対象が銀オプションになります。

銀オプションなら投資対象の最小ロットが非常に小さいため16.5万円程度から始めることができ、損失は完全に限定されているのでほったらかしにすることが出来ます。

それでいて年利は18%以上の利幅が取れる見込みがある商品です。

この記事では銀オプションがなぜほったらかしに出来るのか、そしてその利幅について説明しますので、この記事を読んだ後には今すぐに銀オプション投資を始めたくなるでしょう。

 

続きを読む

「プット売り」は危険!?誤解の原因はたった1つ

リスクのイメージ

あなたは「プット売りは危険」だと思い込んで、プット売りを避けていませんか?
日経225オプションの取引経験がある人は「プット売りは危険だ」という認識を持たれている場合が多いです。
それは誤解です。
実は日経225オプションの場合は圧倒的に自己資金が足りないのが原因です。
そのせいで追証にかかりやすいのです。

今回は銀オプションと日経225オプションのプット売りについて、自己資金額に着目して比較をしてみたいと思います。

続きを読む

「プット売り」銀投資を始める前にすべきことは1つだけ

銀投資を始めよう。そう思ったら、通常はまず銀を自分が買いたい値段に指値して買います。
これが普通の投資手順です。

しかし指値で買うことは、実はとてももったいないのです。

指値で買うよりも、プットオプションを売るほうがはるかにメリットが多いのです。
一般の投資家はこの事実を知らないために、多くの機会損失を生み出しています。

この記事でプットオプション売りを知ることで、あなたも機会損失を被ることなく安心して銀投資をスタートできるようになります。

 

続きを読む