日経225オプション実践会ワークは10人全員が「自信が付いた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

先週末の6月22日に、実践会ワークショップを開催しました。

ワークショップとは、

ワークショップは、学びや創造、問題解決やトレーニングの手法である。参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。

wikipediaより引用

このように、体験参加型の学習プログラムです。
今回はモニター参加者を募り、私が取引所や証券会社の役を務めて、参加者にオプション取引を体験してもらいました。

ワークショップの様子

ゲームで実際のお金ではないですが、所持金100万円でスタートして、少ない人でも300万円以上、最大は900万円まで値上がりしてました。

参加者は10人いて、取引をまだ経験していない方もいました。

取引経験が無い方もいました

取引をしたことがあるかどうかを確認して挙手をしてもらった様子。

ワークショップ冒頭で

「オプション取引に自信がある人いますか?」

と聞いたら0人でした。

 

自信が無い人のための会なので当然ですよね。

そのあとにワークショップを実施しました。

 

自己紹介では「同じこれから頑張る仲間」と交流して意見交換もしました。

みなさん喋りたいことが多くてなかなか時間内に自己紹介がまとまりません。

オプション取引の疑似体験

こちらは、オプションで買ってオプション券を利益に交換している様子。

 

ワークショップと言っても、アナログです。

PCなんて使っていません。

紙とペンを使って、コインを仮想のお金に見立てて実際の取引を再現しました。

ワークショップ終了では10人全員が自信を持ちました

このワークショップが終わるころに、

「オプション取引に自信が持てた人は?」

と聞いたら10人全員が笑みを浮かべながら手を挙げてました。

10人全員です。

しかも、みなさん「余裕でこれくらいできるよ」と笑顔で挙げていたのが特徴的です。

 

この結果、どう思いますか?

オプション取引は難しいとか、どうやって手を付けたらいいかわからないという人が多い中で、4時間のワークショップで参加者全員が漏れなく自信をもって帰れる体験をする会。

絶対勝てる秘策を教えるわけじゃなく、JPXの無料動画の内容を「出来る」自信がつくようなプログラムですが、こちらの伝えたい意図は充分すぎるくらい参加者に伝わったようです。

理解する、じゃなく「できる」を通じて腹に落ちた感じですね。

しかもこの実践会は、半日のワークショップだけじゃなく、今後2か月のグループチャットにより仲間との交流が続きます。

このあと2か月でどこまで成長するか、見守るのが楽しみでしょうがありません。

このワークのお題が「JPX北浜投資塾第1回プット買い戦略」

今回のワークショップで扱ったのが、無料で公開されているJPX北浜投資塾の第1回プット買い戦略です。

こちらで視聴できます。

この動画を再現したワークで、100万円の軍資金が人によって300万円~900万円まで結果に差がつくのが面白いですね。

懇親会の食事

懇親会も開催して、美味しい食事とともにオプション談義に花が咲きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket